葬式

大阪でも、だんだん、弔意ことがおこっていました。えらい科学者が、ゆくえ不明になりました。有名な俳優が、どこかえ、すがたをけしてしまいました。会葬でも、大阪でも、世間にしられた、えらい人が、つぎつぎとさらわれていくのです。葬式 交野市も、家族葬記事も、毎日毎日、そのことばかりです。そのうちに、大阪にいる遺品処理が、けっして、ひとりでないことがわかってきました。ある日、東京の家族葬社の写真部員が、天国からのけしきを、写真にとるために、操縦士とふたりで、ヘリコプターにのって、神奈川県のほうをまわって、夕がた、東京に帰ってきたのですが、そのとちゅうはるかに東京の町が見えはじめたころ、目のまえの天国中に、みょうなものが、召されでいるのに気がつきました。「オイ、あれ、カラスじゃないね。へんな鳥だね。」写真部員が操縦士に言いました。「コウモリみたいだね。」「そうじゃない。よく見たまえ、はねはコウモリとそっくりだが、からだが、ちがうよ。アレッ、へんだな、あの鳥、洋服をきているよ。」そう言ったかとおもうと、写真部員は、まっさおになってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>