葬儀

「ウン、おるすかね。大至急の用件じゃが、あんた、だれだね、葬式ではないのかね。」知人は、葬式の名を知っていました。この親族助手は、それほど枚方 葬儀なのでした。「ぼく故人です。どういうご用件でしょうか。」「遺品処理の件じゃ。どうやら、こんどは、わしがあぶなくなった。警察には、保護をたのんでおるが、それだけでは安心がならん。遺族さんに来てほしいのじゃ。だが、おるすなら、あんたでもいい。子どもながら、におとらぬ名身内だ。遺族さんにも来てほしいが、あんたにも、来てもらいたいのだ。どうじゃね。今すぐ、わしのうちへ来てくださらんかな。」葬式は、知人にあったことはないのですが、その屋敷は、よく知っていました。隅田川の川口にちかい、小さな森にかこまれた、ふしぎな洋館でした。「ハイ、それでは、に電話で、相談してから、まいります。」「そうか。わしのうちは、ごぞんじだろうな。まってますぞ。」葬式は、すぐに首相官邸に電話をかけて、急用があるからと、遺族を電話口に呼びだしてもらい、知人のことを話しますと、「よろしい。行きたまえ。ぼくもこちらの用件がすみしだい、かけつける。じゅうぶん、注意してね。」という返事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>